秋川国際マス釣り場ガイド

秋川国際マス釣り場ってどんなところ?

秋川国際マス釣り場の一般釣り場で釣りをする少年

東京都あきる野市にある秋川国際マス釣り場は、家族でも気軽にできる渓流釣りのスポットとして有名です。
辺りは山々に囲まれ、緑が多く空気がとてもおいしく感じられる自然の中で、癒しを求め毎年数多くの観光客が来場します。
夏場ともなれば大混雑が予想され、1日で500人もの団体客が来ることも珍しくないとか。

釣り場へのアクセスも良く、都心からでも気軽に来て渓流釣りができるのはとても魅力的です。
駐車場も大型の観光バスが何台も止められるほどの大きさで、乗用車であれば200台の駐車が可能な大型駐車場を完備しています。
電車でも車でもとてもアクセスが良いのが特徴です。

また、小さなお子様連れで釣りをしている方もとても多く、家族揃って1日中楽しめるレジャー施設であり、川原ではバーベキューなどもできるので釣った魚をその場で焼いて食べたりと、釣りだけではなく2倍の楽しみもあります。
園内の設備や立地も申し分ないくらい充実していますよ。
是非一度、秋川国際マス釣り場でご家族揃って渓流釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

秋川国際マス釣場の釣り場

秋川国際マス釣り場では一般釣り場や団体釣り場など目的別に各釣り場が分かれています。

一般釣り場・団体釣り場

秋川国際マス釣り場の一般釣り場風景

こちらが一般の釣り場です。
お子様からお年寄りまで全ての方が気軽にマス釣りを体験できます。
取材時には多くの子供達がマス釣りを楽しんでいました。

秋川国際マス釣り場の団体釣り場風景

こちらは団体客用の団体釣り場です。
夏場ともなると人も多いため、この団体釣り場がルアー釣り場に変わる事もあるようですよ。
ちょうどバーベキューハウスの横辺りが団体釣り場です!

ルアー・フライ・テンカラ釣り場

秋川国際マス釣り場のルアー・フライ・テンカラ釣り場

事務所の方の話ではルアー釣り場はここ2年前位にオープンしたそうです。
団体釣り場のさらに奥へ行った所がルアー・フライ・テンカラ釣り場になっていました。
取材時にはまだ誰もいませんでした。

ヤマメ釣り場

秋川国際マス釣り場のヤマメ釣り場

ヤマメ釣り場入漁料は4000円です。
他の釣り場と違って本格的な渓流での釣りが楽しめます。
川幅も狭く、容易に移動することが難しいので、ウェーダーなどを装着して準備万端にして釣りに臨む必要があります。

釣り堀

秋川国際マス釣り場の釣り堀

エサ付き貸し竿200円、釣った魚は300円で持ち帰り可能です。
ちょっと釣りをしてみたい方、小さい子ども達にはもってこいですね。

マスのつかみ取り

秋川国際マス釣り場のマスつかみ取り場

夏になり気温が上昇すれば敷地内の一角の浅瀬にマスのつかみ取り場も設営されます。
私が訪れた時はまだ寒いのでやっておりませんでした。
ゴールデンウィーク過ぎ位からこの浅瀬が掴み取りコーナーになるそうです。

実際にマス釣りを体験してみました!

巨大な駐車場へ到着!

秋川国際マス釣り場の第一駐車場

「お~!着いた!駐車場でかっ!」
自宅(埼玉県)を出てから車で約2時間、やっと着きました秋川国際マス釣り場。
駐車場の看板を見つけて入ってびっくりこの大きさ!
着いた時間は朝の9時ですがまだ誰も来ていないようで、車は1台も止まっていませんでした。

ここは第1駐車場です。
軽く50台位は止められます。
そのほかにも第3駐車場まであります。

まずは受付を済ませましょう!いざレストハウスへ

秋川国際マス釣り場事務所

駐車場を出て道路沿いに歩くこと数分、すぐにレストハウス兼事務所が見えてきました。
まずは事務所に入って釣りをするための受付をしましょう。

秋川国際マス釣り場の料金表

駐車場代金500円、入漁料3300円、貸し竿200円、釣り餌のイクラ300円、ブドウ虫500円締めて4800円!
結構な値段ですね。
でもとてもいい景色なので気分は最高~!

事務所で売っている品

ジュースやビールなどもあります。

レストハウスではビールやドリンク、お菓子、釣りの仕掛けなど様々なものが販売されています。

レストハウス

メニュー

事務所の横は食堂になっています。
名物のマス蒲焼重がおすすめとのこと。

気になる釣果は?

釣り具や釣り餌の販売やレンタルはここで

こちらで釣り竿や釣り餌(イクラやブドウ虫)をはじめ、バーベキュー用の機材一式などを購入(またはレンタル)できます。

餌のイクラとブドウ虫

レンタル竿とビクのようなもの

イクラとブドウ虫をレンタルした竿にセットしていざ実釣開始!

釣り人

開始早々、チョンチョンとウキが沈み続いてググッと引き込まれました!
「お~っ!何か釣れたよ~!」
ジャーン!

最初に釣れた魚はハヤかウグイかオイカワでした

「これ、ニジマスじゃないでしょ。食べられるのかな~?」
たぶん、ハヤかウグイかオイカワです。(笑)

ニジマス

続いて数分後、しっかり本命のニジマスゲット。

ニジマスの釣果

レンタル竿にエサも販売されておりますので、私は手ぶらでの釣行でしたが、最終的に2人で12匹釣れました。
朝9時頃から始め、夕方3時頃までの釣果です。
1人10匹まで無料で持って帰れます。
私は取材も兼ねていたのでこれくらいでしたが、普通に釣っていたら1人でも軽く10匹以上釣れるでしょう!
希望があれば放流もしてくれますよ。

釣った魚はその場で食べられます!

マスの腹裂き処理場

釣った魚は1人10匹まで無料ではらわたを取ってくれます。
時間は15:30までなので注意しましょう。
ちなみにマスではない小さな魚も丁寧に処理して下さいましたよ。

焼いたマス

土・日曜日は囲炉裏の中で焼いている魚を見ることができます。
平日は食堂で塩焼きされた魚と釣った魚を1匹100円で交換してくれます。

バーベキューハウス

こ~んなに立派なバーベキューハウスもあります。
釣った魚をその場で焼いて食べれますよ!
ただし、夏場は大混雑するので予約必須!
平日が狙い目です。

設備ガイド

トイレ

トイレ

ウォシュレット完備の洋式できれいなトイレでした。
清掃も行き届いており、ロールペーパーも豊富に準備してありました。

授乳室

授乳室

4畳半くらいの広さの授乳室がトイレ横にあります。
個室ではありませんので、他に授乳ママさんがいたら少し気まずいかもしれませんが、しっかりとした授乳室を完備されているのはすごく助かりますね。

携帯の電波状況やWi-Fi設備について

釣り人

ドコモ 4G電波良好
ソフトバンク 3G電波良好。場所によっては4G。
au 3G電波良好

ドコモであれば4Gの電波が入りますが、ソフトバンク・auは3Gとなります。

ただし、秋川国際マス釣り場には無料Wi-Fi設備があります。
無料Wi-Fiに接続すれば釣り場の河原でもしっかりWi-Fiでインターネットにつなげることができます。

秋川国際マス釣り場の概要

所在地 東京都あきる野市養沢1311
問い合わせ・予約 042-596-0568
料金 入漁料:1人1日3,300円
その他、希望に合わせて、貸し竿、釣り餌、ルアーレンタル、バーベキューハウス、バーベキュー機材・食材など。
詳しい料金は秋川国際マス釣り場公式ホームページでご確認ください。
利用時間 8時開場~16時閉場
休場日 通年営業(年末年始を除く)
11月~3月は毎週木曜定休
※祝祭日は営業
車での行き方と駐車場 新宿(圏央道)→あきる野IC 20分 →秋川国際マス釣場 専用駐車場:200台
大型バス:10台(予約時確認要)
電車・バスでの行き方 新宿駅(JR中央線 40分)→立川駅(JR青梅線 12分)→拝島(JR五日市線 20分)→五日市駅 五日市駅よりバス養沢線にて『秋川国際マス釣場』下車
※バスの本数が少ないため事前確認要

東京都内の渓流釣りができる管理釣り場一覧へ戻る

東京の釣り場ガイドトップページへ戻る