有明西ふ頭公園の釣行記(2017年10月12日)

釣行記

季節が変わる10月の中頃、秋の気配も感じつつ東京湾は臨海副都心、お台場も近い有明西ふ頭公園に釣りに行ってきました。

有明西ふ頭公園は、江東区は臨海副都心の中心部にある海浜公園です。

メインの釣法はチョイ投げとヘチ釣り。

過去にはクロダイやメバル、カサゴなどが釣れた実績もある東京湾の海釣りスポットです。

一昔前まではアナゴなども釣れていたとの情報もあります。

さてさて釣果はどうなるか楽しみです。

最初に選んだ場所がここ。

東京ビッグサイトとは反対側にあるふ頭の隅っこです。

護岸も整備されていて足場もよく、とても釣りがしやすい環境が整っていました。

平日なのでほとんど釣り人がいなく、まさに貸し切り状態。

エサはアオイソメと冷凍の生アサリを用意。

チョイ投げ用にアオイソメを使い、ヘチ釣りに生アサリを使いました。

狙う魚はメバル、カサゴ、シーバス、クロダイです。

使用したタックルは2mのスピニングロッドにスピニングリール、ラインはナイロン3号にハリス1.5号、2号のチヌ針にガン玉3Bの重りを付けてヘチ釣りです。

投げ釣りが禁止なのでこの1本のロッドでチョイ投げも代用しました!

岸壁にはこのように障害物が設置してあり、際を丹念に探っていきます。

エサが着底したら軽くあおって位置を確認します。

あとはゆっくりとアタリを取りながら巻いてきます。
魚がいればコンコンといった魚信があるはず。

大物なら一気に食ってくることもありますが、じっくりとアタリを待って食わせてから合わせるのがコツです。

水温が下がってきているせいか、しばらくの間アタリが来ません。
もう辺りも暗くなり始めたころに待望のアタリがやってきました。

きたっ!明らかに竿先にコツコツという魚信がやってきました・・・。

軽く合わせると・・・

少し小ぶりですが立派なハゼが釣れました。

その後も潮の流れが変わったようで立て続けにアタリが来はじめます。

またハゼ・・・。そして・・

さらにハゼを追加。

合計3匹のハゼを釣ることができました。

季節がだいぶ変わってきているようですね。

この後、このポイント以外でも釣りましたが、残念ながらクロダイやシーバス、メバルなどの狙っていた魚を釣ることはできませんでした。

この釣り場では過去に実績があるので狙い方や時間、天候、季節によっては十分に可能性はあるはず。

また潮の動きも速いので大潮の日を狙って上げ潮時にあわせて釣りをすれば釣果もまた変わってくるのではないでしょうか?

有明西ふ頭公園の釣り場情報は下記で詳しく紹介しています。

有明西ふ頭公園 | 東京都内の釣り場ガイド
東京ビッグサイト近くにある「有明西ふ頭公園」の釣りガイド情報を掲載しています。おすすめポイントや釣り方、季節別の対象魚など釣り情報が満載です。

コメント